○○学校 本文へジャンプ
学校便り

伊藤 林(62回)

雨水・流せば洪水・ためれば資源。雨水活用はSDGs                                                     

                                                         

≪環境問題への取り組み≫                                                     

私は環境問題への取り組みは、地域子供育成会・資源ゴミの回収活動に
参加したのがスタートです。                                                      

今日までの取り組みは次の通りです。                                                   

                                                         

2020年現在                                                         

◯墨田区廃棄物減量等推進審議会委員(1999~)                                                         

◯エコストア(1995~)乾電池、資源ゴミの回収拠点。情報発信                                                    

◯墨田区環境フェア実行委員会委員長(2011~)毎年6月開催                                                   

◯特定非営利活動法人「雨水市民の会」理事(2003~)                                                  

◯雨水活用普及啓発活動(1990~)                                                      

     小学校、すみだ祭、墨田区環境フェア、エコプロダクツ等に於いて実施                                                    

                                                         

1980年代~     資源ゴミの集団回収に参加
           子供育成会会長(1987.41996.3
                                              

19924      銭湯に資源ゴミの回収拠点(里彩来コーナー)                                          雨水タンク(9t)を設置                                            


1993
     雨水探検隊結成(隊長 ~2012
          墨田区内小学生115150人参加                                              

19948      「雨水利用東京国際会議」雨水利用は地球を救う-
          雨と都市の共生を求めて                                          

                (世話人・実行委員)16ヵ国・延8000人参加                                       

1995    雨水利用を進める市民の会発足
        (理事~・事務局長20112018                                              

               阪神淡路大震災で被災地に雨水タンク100基寄贈                                              (被災地の視察、ボランティア参加)                                        

2003    雨水市民の会に改名(理事)                                         


2005
   「雨水東京国際会議」つなごう世界、救おうアジアの水危機                                  (実行委員)13ヵ国延2000人参加                                         

2015    雨水活用銭湯オープン(トイレの洗浄・散水、水琴窟に利用)                                 (地下5000ℓ、駐車場200ℓ4階ベランダ200ℓタンク)



   


雨が降ると私たちは何を思うでしょうか。「濡れるからいやだ」「洪水になるかもしれない」など、良いイメージを持たないかもしれません。しかし、雨は飲み水や作物を育ててくれる水の源であり、大きく見ると地球の生き物は雨なしでは生きていけません。まちではコンクリートで覆われ雨がしみ込まずに下水道に流れていきますが、これはもったいないことです。雨をためれば、まちは無数のミニダムを持つことになり、しみ込ませれば、地下水を潤すことになります。

雨水市民の会は墨田区に拠点を置いて活動をしています。1970 年代に墨田区では都市型洪水(下水道のマンホールなどから雨が溢れて洪水を起こす)が頻発していましたが、その解決策の一つとして活動が始まりました。住宅や敷地などに降った雨を蓄え、ためた雨水は植木の水やりなどに利用し、溢れた雨もゆっくりと流して下水道への負担を少なくする「雨水活用」の取り組みが始まりました。また、いざというときの飲み水にもなります。

私たちは、自然の恵みである雨によって全ての生命が共生していることを心にとめ、「雨に感謝し、雨を活かし、雨と融和する」社会を目指したいと考えています。
  



   1.雨を知る・極める
(研究・実践)

     ❶雨水活用コンサルディング
       実践したい方に随時情報提 供などを行うほか、手作りタンクの制作講座を開催

     ❷雨水活用の水質調査
       実態を把握してより安心して雨水
を使うための雨水タンクの水質調査や災害時の飲み水グッズ製作
       ワークショップの開催
   2.雨を楽しむ・発信する(普及・環境学習)
    

     ❶雨タスサロン     雨や水と絡めて幅広いテーマで講師と歓 談して知識を広げる

     ❷Web あまみず     市民の目線で雨水活用に関する記事をウエブで随時更新  (http://www.skywater.jp/)

     ❸「雨つぶぐるぐるすごろく」の販売   当会が制作した楽しみながら水循環が学べる体験型教材

     ❹イベント出展   エコプロダクツ、すみだ環境フェアなどに 出展し、雨水活用について発信

   3.行政国際機関等との連携(研修・学習事業受託)

     

     ❶視察・研修 墨田区を中心に雨水活用の事例を案内したり、テーマに応じた研修プログラムの提供

     ❷講座・出前授業   市民向け講座、親子向け体験講座など

    4.ネットワーク提言(全国規模の雨水活用普及の推進

     

      ❶雨水ネットワークへの参画    雨を活かす社会の実現をめ ざす全国規模の産官学民の情報交換の場に参加

      ❷雨水活用に関する法律の推進に協力 「水循環基本法」「雨水の利用の推進に関する法律」など雨に関する
      国等の施策に協力し、市民レベルでの普及策の提案等を行っている

   5   バングラデシュ・スカイウォーター・プロジェクト

  地下水のヒ素汚染や塩害により安全な飲み水の確保が難しいバングラデシュで、現地パートナー等を通じて
   雨水活
用の普及を支援
  
  6.雨活地域活動(墨田区での活動

  雨の日アート、雨のつぼ庭作り 雨を意識し、楽しむ景観 づくり。雨が降ると浮かび上がる絵を地面に描く
  「雨の日アート」、雨樋をプランター等に導き、緑化を楽しみながら雨をためて下水道への負担と減らす「雨のつぼ庭」
   作り
などの実施

    ❷雨水農園・防災まちづくり 路地尊「有季園」や他の市民 グループとの連携で作った雨水農園で野菜の雨水栽培や
     地域の防災活動への協力


雨水市民の会  活動アルバム1

雨の日が楽しい   雨の日アート  雨のつぼ庭作り


雨の日アート(すみだ北斎美術館前)  雨樋からプランターヘ雨を導く雨のつぼ庭

雨水市民の会